トップページ > 太陽光発電

太陽光発電Solar Power

地球にやさしい。家計にもやさしい。安心・安全・クリーンな太陽光発電。

太陽光発電とは

太陽光発電とは

太陽光発電とは、国が地球温暖化対策のひとつとして推進している、自然(太陽光)を利用した環境にやさしくクリーンなエネルギーです。
自宅の屋根などに設置した 太陽電池で暮らしに必要な電気を作り、創った電気は実際に家庭で使用します。

電力会社の配電する商用電力と系統連結することで、使いきれずに余った電気は、電力会社が買い取ってくれます。電気が不足した場合には、これまで通り電力会社 から買うことができるので、電力の安定供給を確保しつつ、発電した電気を無駄なく活用することができるので経済的で合理的なシステムです。

環境にやさしく経済的にも嬉しいのが、太陽光発電なのです。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み
  1. 「太陽電池モジュール」:ここで太陽の光を受け、電気をつくります。
  2. 「接続箱」:作られた電気を集めるところです。
  3. 「パワーコンディショナー」:作られた直流電力をご家庭で使用可能な交流電力に変換するところです。
  4. 「モニタ」:発電した電気の状況を毎日確認することができます。
  5. 「分電盤」:電気を家庭内に分配・供給するところです。
  6. 「売電用メーター」:作った電気がどれだけ売れたかを確認できます。
      「買電用メーター」:電力会社からどれだけ買ったかを確認できます。

太陽光発電のメリット

光熱費を大幅ダウン

太陽光発電は環境に配慮しながら、光熱費のグーンと節約可能。 太陽光発電とスマート電化を組み合わせれば、「太陽光発電で生み出した電力を、スマート電化住宅で活かす」ことで、発電した電気をさらに有効に使え、大幅な光熱費の削減が期待できます。

年間で約80%も削減可能で、家庭の光熱費全体を大幅に抑えることができます。

発電した電気を使って、余った電力は売電

昼間に発電した電気は、ご家庭の電力として使う事が出来るため、その分の電気代はタダとなります。しかも家庭で使用しても余った電気は、電力会社に売ることが可能。そのための面倒な作業はなく、取り付けたメーターが自動的に処理してくれます。

お客様の口座には毎月、売った分の電気代が電力会社より入金されます。 夜間は発電できないため、電力会社から買電(電気を購入)します。その際、夜間の電気代を安くする時間帯別電灯契約※を利用すれば、さらに効率的に電気代を節約することができます。

(※電気使用量を昼間・夜間と分けて計算する電気料金システム。夜間は割安(70%オフ)になります)

万が一の災害時にも安心

地震や台風などの災害によって停電になった場合でも、太陽光発電システムには自立運転機能がついているため、発電した電気を一部使用することが出来ます。

太陽光発電システム総合保障制度誕生!

2つの大きな安心サポート

太陽光発電システムを新規に購入設置していただいたときの「安心保障制度」です。

10年間の物損補償! 1億円の工事賠償補償!

太陽光発電の施工事例

最新の施工事例

H様邸【蓄電池】

H様邸【蓄電池】

長州産業の蓄電池を施工させて頂きました。
K様邸【太陽光パネル洗浄防汚コーティング・太陽光パネル配管取替】

K様邸【太陽光パネル洗浄防汚コーティング・太陽光パネル配管取替】

太陽光パネル洗浄防汚コーティングと太陽光パネル配管取替を 施工させて頂きました。
N様邸【エコキュート・太陽光パネル洗浄防汚コーティング】

N様邸【エコキュート・太陽光パネル洗浄防汚コーティング】

コロナ エコキュート300ℓと太陽光パネル洗浄防汚コーティングを 施工させて頂きました。

READ MORE

scroll top